INTERVIEW NO.01

誰が聞いても分かる
ランドマークとなる建物を建てたい

建築部 天雲 小虎

01魅力とやりがい

入社当時、現場仕事が多い建築業に対して”怖いイメージ”があった。実際、現場に入って作業をしていると、イメージとは逆で、職人さん、現場代理人の所長や先輩方は、とても気さくで話しやすく楽しく仕事をしている。丁寧に教えてもらう機会も多く、毎日吸収することがたくさんある。また、やりがいは、何と言っても達成感だ。ゼロから建物ができていく過程は、一言では表現できないワクワク感があり、弊社を目指す将来の建築技術者の皆さんとも分かち合いたい。

02苦労と乗り越える工夫

現場に入って間もない頃は、何をしたら良いか分からないことだらけで、とても苦労した。そこで乗り越えるために意識したことは、毎日の経験を大切に、学んだことを一つずつしっかり覚えていこうと考えた。現在は、二つ目の現場に参画しているが、前の現場の学びと経験が活きている。現場代理人の先輩からも新しいアドバイスや指導をもらい、着実に成長している実感がある。

03目指す姿・将来像

将来、誰が聞いても分かるランドマークとなる建物を建てたい。
そのために、色々な現場を経験することで、貪欲にさまざまな建築技術や知識を習得したい。まだまだ学ぶべきことだらけだが、常に自分の目指す将来像を意識して現場業務に取り組みたいと考えている。

© 2020 KOTAKE CO.,LTD

KOTAKE